車を買い替える前に

【車の買い替え前に】数万円得する査定の方法 > 自賠責 保険はどうなるか > 車の買い替え、自賠責保険はどうなるか

自賠責 保険はどうなるか

車の買い替え、自賠責保険はどうなるか

さて、今回は、車を買い替えると、自賠責保険はどうなるのかについてです。

自賠責保険について、簡単に説明しておくと、交通事故被害者が
最低限度の補償を受けることが出来るようにするための
国の保険制度ですから、強制的に加入が義務付けられています。

さらに言うと、自動車一台ごとの契約となっており、
買い替え、初購入に関わらず、自賠責保険に加入しておかないと
車の登録ができないようになっています。

ですから、これも放っておくわけにはいきません。

しかし、名義変更などの役所相手ではなく、
保険会社への手続きですので、結構簡単にできます。

まずは、車検証(コピーでもよいそうです。)を持参して、
保険会社そのものの窓口へ行く必要があります。

このとき、代理店や販売店契約をしているところでではなく、
保険会社そのものでないといけません。

もうこれであらかた終了です。

その保険会社でも構いませんが、近くの整備工場や保険関連のところであれば、
自動車損害賠償責任保険商人請求書という6枚綴りの書類がありますので、
これを記入し、さらに、旧保険契約者と譲渡者の捺印をして、
その書類を保険会社に提出。

ただ、旧保険契約者の印鑑を貰うことが不可能であれば、
保険会社で念書を差し入れて、手続きすることも可能です。

どちらにせよ、これらは、中古車を保険含めて譲り受けた場合です。

新車購入であれば、普通の契約と同じですよ。


自動車を確実に高く売りたくありませんか?


自動車を売るときには、一歩間違えると、

数万円安く売る可能性があります。

しかし、この方法を使えば、確実に高く売ることが出来ますよ!

車を確実に高く売る方法とは・・・